兵庫県【公衆衛生コース】兵庫県で公衆衛生獣医師の仕事を経験してみませんか!

第1回:8月19日(月)~8月23日(金) 5日間
第2回:8月26日(月)~8月30日(金) 5日間
第3回:9月2日(月)~9月6日(金) 5日間

※希望期間を「備考欄」に明記してご応募ください

今期の募集は終了しました

獣医学生へのメッセージMESSAGE

日本の縮図といわれる兵庫県は地域ごとに個性豊かな自然、文化、産業を有しています。大自然に癒され、伝統文化に触れ、おいしい料理を味わうも良し。港町神戸の異人館、神戸ビーフ、灘の酒、コウノトリ、姫路城、城崎温泉、淡路島、ひょうごには「いいね!」がいっぱいです。

プログラム名
兵庫県で公衆衛生獣医師の仕事を経験してみませんか!
対象学年
3~5年生
実施期間
第1回:8月19日(月)~8月23日(金) 5日間
第2回:8月26日(月)~8月30日(金) 5日間
第3回:9月2日(月)~9月6日(金) 5日間

※希望期間を「備考欄」に明記してご応募ください
募集人数
各回、4名まで
英語能力
なし
必要履修科目
なし
実習実施場所

  • 兵庫県動物愛護センター
    尼崎市西昆陽4丁目1-1
    TEL: 06-6432-4599 FAX:06-6434-2399

  • 兵庫県立健康科学研究所
    加古川神野町神野1819-14
    TEL:079-440-9090(代表)   FAX:079-438-5570

  • 兵庫県食肉衛生検査センター
    加古川志方町横大路36-1
    TEL:079-452-0945   FAX:079-452-3485


集合日時
原則、実習開始場所に各自で集合してください。
事前に担当者からご連絡します。
アクセス方法

  • 兵庫県動物愛護センター
    阪急神戸線「武庫之荘」駅から尼崎市バス「宮の北団地行き」(40系統又は41系統)乗車、「西昆陽」下車、徒歩5分

  • 兵庫県立健康科学研究所
    JR山陽本線「加古川駅(北口)」から「県立加古川医療センター行き」乗車、「県立加古川医療センター」下車、北へ徒歩約5分

  • 兵庫県食肉衛生検査センター
    JR山陽本線「宝殿駅(北口)」から神姫バス「宝殿駅北口バス停」より「細工所北口行き」バス乗車後、「志方南口バス停」下車、東へ徒歩約1分


宿泊施設

神戸市内及び姫路市内にホテル、旅館が多数あります。

各自でご予約下さい。

服装

常識の範囲の服装で参加してください。その他に下記の服装等を準備してください。



  • 兵庫県動物愛護センター
    犬猫収容施設等の清掃作業等ができる着替え(作業服等)

  • 兵庫県食肉衛生検査センター
    白衣の下に着用する服等(汚れても支障のないもの)、タオル(白衣、長靴、ヘルメット等は貸与)


持ち物
  • 筆記用具(ノート、ペン等)
  • 昼食(動物愛護センター食肉衛生検査センターの施設近隣にはコンビニ等がないため持参するか、実習先でお弁当を注文)
実習先の資料

兵庫県動物愛護センター
兵庫県立健康科学研究所
兵庫県食肉衛生検査センター


提出書類

なし

 

実習後のレポート
5日間の研修内容のまとめとその感想
その他必要な資格
なし
加入すべき傷害保険の種類
「学生教育研究災害傷害保険」もしくは「学生総合共済(生命共済)」(大学生協)もしくはこれらと同等のもの
加入すべき賠償責任保険の種類
「学研災付帯賠償責任保険」もしくは「学生賠償責任保険」(大学生協)もしくはこれらと同等のもの
プログラム概略

兵庫県で公衆衛生獣医師の仕事を経験してみませんか!
動物愛護センター、県立健康科学研究所や食肉衛生検査センターで動物愛護監視員、研究員及び食肉衛生検査員の業務を実習することができます。

プログラム詳細
午 前 午 後
1日目兵庫県動物愛護センター
  • オリエンテーション:動物愛護管理行政について
  • 保管動物の管理の体験実習
2日目兵庫県動物愛護センター
  • しつけ方教室の体験実習
  • 各啓発事業の帯同実習
  • しつけ方教室の体験実習
  • 各啓発事業の帯同実習
3日目兵庫県立健康科学研究所
  • 研究所業務の概要説明
  • 施設見学
  • 微生物検査等の体験
4日目兵庫県食肉衛生検査センター
  • と畜検査の実習
  • オリエンテーション:食肉衛生検査の説明
5日目兵庫県食肉衛生検査センター
  • 食鳥検査の実習
  • 精密検査(微生物、病理、理化学)の実習
注意事項
応募の際、希望期間を「備考欄」に明記してください。
記載がない場合は、応募を取り消す場合がありますので、ご注意ください。
事前講義プログラム

0-1    VPcamp参加にあたって~実習を受ける際の心得~


1-1    公衆衛生と獣医師


1-9    と畜検査員の役割およびと畜処理


1-10  と畜場で全部廃棄・部分廃棄になる疾病


1-11  動物愛護管理行政について


1-13 「食鳥検査」について


1-15  HACCPシステムとその特長


以上の事前講義は視聴必須です。


事前講義はここからチェック!
http://www.vetintern.jp/participant/video/


お問い合わせ先

seikatsueiseika[AT]pref.hyogo.lg.jp


※メール送信の際は[AT]を半角文字の@に変えてください。