NEWSどうする!? 実習選び その② ―公衆衛生実習 or 家畜衛生実習―

夏季VPcamp、さてどの実習に参加しようか迷っている方はいませんか?
実習選び その①に引き続いて、これも押さえておきたいというのが、「公衆衛生実習」と「家畜衛生実習」のちがいです。

VPcampの実習先と各分野の関係は、おおよそ以下の通りです。

 

公衆衛生分野—保健所、と畜場・食肉衛生検査センター、動物愛護センター、衛生研究関連施設、県庁(生活衛生課などの部局) など
家畜衛生分野—家畜保健衛生所、畜産試験場、畜産改良センター、衛生研究関連施設 、県庁(畜産課などの部局)など

 
公衆衛生分野は、「人の健康を守る立場」から、食の安全、公共施設の衛生の担保に資する業務などを担っており、実習では規則の遵守を促すとともに、監視・指導する職務と技術を体験します。
家畜衛生分野は、「畜産の振興」に資する業務を担っています。実習では、生産現場の管理・指導や、防疫などの職務と技術を体験します。

 

基本的なことですが、どちらの分野を選択するかによって、対象となる相手や立場も変わってきます。
就職検討のためにVPcampに参加する方もいますが、携わりたい業務分野に就くためには、どこに所属すべきかから考える必要があります。

県の仕事に就くか、市の仕事に就くか、またどの部局に所属するかによって、携わることのできる仕事に違いがある点は、ぜひ押さえておきたいところです。

VPcampを通じ、ぜひ、獣医師の担うさまざまな職務を体験してください。