INSTITUTION獣医学生の受入をご検討いただける皆様へ

VPcampについて

VPcampとは、Veterinary Public health Campの略で、本事業の愛称です。正式名称は「大学における公共獣医事教育推進委託事業」で、文部科学省の受託事業として行っているものです。公衆衛生分野で活躍する獣医師を育成するために、獣医学生を対象として、47都道府県自治体、政令指定都市、国家機関、国際機関などで実習受入をお願いしております。

VPcampの開催期間・内容について

原則として年2回、夏(8月前後)と春(2-3月)の全国各地で開催・募集を行います。公衆衛生を担う現場で、高度かつ実践的なプログラムを経験できるインターンシップとして、またキャリア教育としても、VPcampは獣医学生の注目を集めております。これまでも、受入機関の皆様のご協力のもと、講義や見学にとどまらず、ラボワークやフィールドワークなど「アドバンストな実習」を学生に提供してまいりました。

VPcamp実施機関として獣医学生の実習受け入れをご検討いただける場合

お手数でも下記「お問い合わせ」先までご連絡ください。実習機関向けの手引きがございますので、事業および実習の詳細について、事務局よりご説明差し上げます。