FAMIC(農林水産消費安全技術センター)家畜の健康、畜産物の安全は飼料の安全確保から!

2019年 8月28日(水)~8月29日(木) 2日間

今期の募集は終了しました

獣医学生へのメッセージMESSAGE

畜産物の安全を確保するためには、飼料の段階で適切にリスク管理を行うことが重要です。FAMICは飼料中の有害物質、病原微生物、抗生物質などを分析し科学的手法による検査により飼料の安全確保に貢献しています。また、飼料安全分野で世界初めてのOIEのコラボレーティングセンターとして国際的な役割を担っています。

 

http://www.famic.go.jp/information/business_guidance/shiryou.html

プログラム名
家畜の健康、畜産物の安全は飼料の安全確保から!
対象学年
全学年、院生も可
実施期間
2019年 8月28日(水)~8月29日(木) 2日間
募集人数
4名
英語能力
なし
必要履修科目
なし
実習実施場所

  • 独立行政法人農林水産消費安全技術センター
    埼玉県さいたま市中央区新都心2-1
    さいたま新都心合同庁舎  検査棟


集合日時
8月28日(水)10:00に、独立行政法人農林水産消費安全技術センター 検査棟3階受付へ集合してください。
アクセス方法

  • 独立行政法人農林水産消費安全技術センター
    ・JR高崎線、東北本線(宇都宮線)、京浜東北線「さいたま新都心駅」下車 徒歩8分
    (さいたま新都心駅には、特急、快速(アーバン号、ラビット号)、湘南新宿ラインは停車しません)
    ・JR京浜東北線「与野駅」下車 徒歩10分(与野駅は京浜東北線のみ停車します)
    ・埼京線「北与野駅」下車遊歩道、けやき広場経由 徒歩10分(北与野駅には埼京線快速は停車しません)


宿泊施設

さいたま新都心駅付近にビジネスホテル複数あり。

各自で予約を入れてください。

服装

  • 白衣、作業着など化学分析に適した服装。


持ち物

なし

実習先の資料

提出書類
  • 誓約書
  • 「学生教育研究災害傷害保険」又は「インターンシップ等賠償責任保険」の保険契約書等の写し
実習後のレポート
レポート(1,000字程度)
その他必要な資格
化学分析の経験があること。
加入すべき傷害保険の種類
学生教育研究災害傷害保険 等
加入すべき賠償責任保険の種類
インターンシップ等賠償責任保険 等
プログラム概略

独立行政法人農林水産消費安全技術センター
・FAMIC業務概要、施設見学
・飼料の分析体験(抗生物質定量、顕微鏡鑑定)等

プログラム詳細
午 前 午 後
1日目独立行政法人農林水産消費安全技術センター
  • FAMIC業務概要説明
  • 施設見学
  • 分析実習(飼料中の抗生物質の定量)
2日目独立行政法人農林水産消費安全技術センター
  • 分析実習(飼料原料及び配合飼料の顕微鏡による鑑定)
注意事項
特になし
事前講義プログラム

0-1  VPcamp参加にあたって~実習を受ける際の心得~


6-6 配合飼料の製造と品質管理 ―牛用配合飼料を中心に―


6-9 飼料安全行政


以上の講義は視聴必須です。


 


事前講義はここからチェック!
http://www.vetintern.jp/participant/video/