福岡市アジアに開かれた街・福岡市で公衆衛生を学ぼう!

2021年2月15日(月)~2021年2月19日(金) 5日間

今期の募集は終了しました

獣医学生へのメッセージMESSAGE

福岡市はラーメン、めんたいこ、新鮮な魚などで知られており、人口あたりのレストラン数は、東京、パリ、台北など世界有数の大都市にも引けを取らない食の街です。
私たち公衆衛生獣医師も、保健所や保健環境研究所、食肉衛生検査所等で食品衛生業務に携わり、福岡の食を支えています。
今回の実習は獣医師が多く配属されている職場を中心に取り組んでいただきますが、実習と併せて活気のある福岡の街を楽しんでいただければと思います。

プログラム名
アジアに開かれた街・福岡市で公衆衛生を学ぼう!
対象学年
3~5年生
実施期間
2021年2月15日(月)~2021年2月19日(金) 5日間
募集人数
2名
英語能力
なし
必要履修科目
公衆衛生学
実習実施場所

  • 食肉衛生検査所
    福岡市東区東浜2-85-14

  • 動物愛護管理センター(家庭動物啓発センター)
    福岡市西区内浜1-4-22

  • 動物愛護管理センター(東部動物愛護管理センター)
    福岡市東区蒲田5-10-1

  • 動物園
    福岡市中央区南公園1-1


集合日時
2月15日(月)9:00に福岡市食肉衛生検査所集合
アクセス方法

福岡市食肉衛生検査所
天神駅、博多駅などから西鉄バスに乗り、馬出3丁目停留所で下車します。そこから徒歩約10分です。


宿泊施設

天神地区、博多駅地区等のバスや地下鉄のターミナル駅に近いところが便利で、ホテルやゲストハウスが集まっています。

各自で宿泊予約をお願いします。

服装

  • 私服(医務衣や長靴は貸し出します。)


持ち物
  • 筆記用具
  • 上履き
実習先の資料

提出書類
  • 市が指定する誓約書
実習後のレポート
なし
その他必要な資格
福岡県出身者を優先します。
加入すべき傷害保険の種類
「学生教育研究災害傷害保険」(JEES)もしくは「学生総合共済(生命共済)」(大学生協)もしくはこれらと同等のもの
加入すべき賠償責任保険の種類
「学研災付帯賠償責任保険」(JEES)もしくは「学生賠償責任保険」(大学生協)もしくはこれらと同等のもの
プログラム概略

福岡市では獣医師の資格が必須となる職場だけでなく、幅広い職域に獣医師が配属されていることが特色の一つです。今回は新型コロナウイルス感染症の影響で食肉衛生検査所、動物愛護管理センター、動物園での実習のみですが、福岡市全体の公衆衛生獣医師業務を感じていただける内容で実施いたします。

プログラム詳細
午 前 午 後
1日目食肉衛生検査所
  • オリエンテーション
  • 食肉市場概要説明
  • と畜検査業務概要説明
  • と畜検査体験(豚)
  • 検査室内検査体験(病理検査)
2日目家庭動物啓発センター
  • 動物愛護業務概要説明
  • 家庭動物啓発センター施設概要説明
  • 家庭動物啓発センター施設見学
  • モデル事例見学
3日目東部動物愛護管理センター
  • 東部動物愛護管理センター施設概要説明
  • 施設見学
  • 収容動物の飼養管理
  • 健康管理体験
4日目食肉衛生検査所
  • と畜検査体験(牛)
  • 検査室内検査体験(理化学検査)
  • と畜場衛生管理業務概要説明
  • 検査室内検査体験(微生物検査)
5日目午前:動物園/午後:食肉衛生検査所
  • 動物園施設概要説明・業務内容説明
  • 園内巡回
  • 入院動物診療補助
  • その他の獣医師配属職場に関する説明
  • 実習の振り返り
注意事項
動物アレルギーがある場合は事前に申し出てください。

★新型コロナウィルス感染症対策に関する情報は下記の通りです★

・人数:各日5名(受入れ人数2名+対応者2名+Vpcamp以外のインターンシップ学生1名)

・セッション構成時間:9:00~17:00

・昼食のとり方:会議室等で弁当もしくは近隣の飲食店を利用(選択可)
事前講義プログラム

0-1 VPcamp参加にあたって~実習を受ける際の心得~


1-1 公衆衛生と獣医師


1-2 獣医公衆衛生行政の仕組み


1-7 保健所・食肉衛生検査所の業務内容


1-11 動物愛護管理行政について


以上の事前講義は視聴必須です。


 


事前講義はここからチェック!
http://www.vetintern.jp/participant/video/