静岡県挑戦の春、自分を変える春!Advanced

2022年3月6日(月)~3月10日(金) 5日間

ただいま準備中です
1次募集は2022年12月1日(木)より開始

獣医学生へのメッセージMESSAGE

当所の管轄地域は、世界遺産である富士山や世界ジオパークに認定された伊豆半島など県内では観光地として有名であり、また酪農を中心に、養豚・養鶏・養蜂が盛んな地域です。公務員獣医師を目指し、見学型の研修では物足りない、より現場の臨場感を味わいたいと感じている学生さんに、より実践的で多面的なカリキュラムを用意しました。管内畜産農家の方々や、当所の若手職員と交流しながら、公務員獣医師の実際を”五感”で体験し、今後の進路の参考にしてください。

プログラム名
挑戦の春、自分を変える春!
対象学年
4~5年生
実施期間
2022年3月6日(月)~3月10日(金) 5日間
募集人数
1~2名
英語能力
なし
必要履修科目
4年生は4年次までに、5年生は5年次までに必要な履修科目
実習実施場所

静岡県東部家畜保健衛生所


静岡県田方郡函南町仁田101


集合日時
3月6日(月)8時30分までに静岡県東部家畜保健衛生所へ直接来所して下さい。
アクセス方法

JR三島駅から伊豆箱根鉄道に乗り換え伊豆仁田駅下車。徒歩約10分。


宿泊施設

三島駅駅周辺に宿泊施設が複数あります。

各自で宿泊予約をしてください。

服装

  • 動きやすい靴

  • 着替え(長靴、作業着は貸出)


持ち物
  • 筆記用具
  • 5日目はシャワーを浴びる用意
提出書類
  • 静岡県獣医学生実習受入要領に基づく協定書
実習後のレポート
レポート(1000字程度)
「Vpcampから学んだこと、感じたこと、自分が目指す獣医師像」
その他必要な資格
静岡県出身者、または静岡県職員採用試験受験希望者を最優先します。
上記以外の学生は、本県採用試験の受験の有無、有りの場合、理由を別途記載して下さい。
加入すべき傷害保険の種類
「学生教育研究災害傷害保険」(JEES)もしくは「学生総合共済(生命共済)」(大学生協)もしくはこれらと同等のもの
加入すべき賠償責任保険の種類
「学研災付帯賠償責任保険」(JEES)もしくは「学生賠償責任保険」(大学生協)もしくはこれらと同等のもの
プログラム概略
  • 現地防疫シミュレーション(鳥インフルエンザ・口蹄疫等)
  • BSE検査(検体採取)
  • 農場巡回
  • ウイルス検査
  • 細菌検査
  • 豚熱ワクチン接種など
プログラム詳細
午 前 午 後
1日目静岡県東部家畜保健衛生所、管内放牧場
  • 放牧衛生実習ほか
  • 検体処理方法
  • 家畜保健所概要説明
  • 2日目の実習予習
2日目静岡県東部家畜保健衛生所、管内養鶏場
  • ELISA検査(牛ヨーネ病、牛伝染性リンパ腫)
  • ELISA実習(牛ヨーネ病、牛伝染性リンパ腫)
  • 3日目の実習予習
3日目静岡県東部家畜保健衛生所、管内養鶏場
  • 鳥インフルエンザ定点モニタリング検査
  • 牛寄生虫病検査(小型ピロプラズマ検査)
  • 4日目の実習予習
4日目静岡県東部家畜保健衛生所、管内養鶏場
  • 鳥インフルエンザ発生を想定した現地初動防疫シミュレーション実習(アドバンスト実習)
  • 5日目の実習予習
5日目静岡県東部家畜保健衛生所
  • 酪農または養豚衛生管理指導
  • 若手職員との意見交換会
  • 特別講座「これから獣医師になる君たちへ」
注意事項
・静岡県新型コロナウイルス感染症まん延防止対策の指示に従うこと
 全国あるいは本県の感染状況等により、急きょ受入中止となる場合があります
・当所まで公共交通機関を利用して来れること


★新型コロナウィルス感染症対策に関する情報は下記の通りです★

・人数(受入人数+対応者数):3人
・セッション構成時間:7.75時間
・昼食のとり方:外食が主になります(コンビニ近くにあり)
事前講義プログラム

0-1 VPcamp参加にあたって~実習を受ける際の心得~
2-1 最近の家畜衛生をめぐる状況について(国内防疫Ⅰ)
2-2 最近の家畜衛生をめぐる状況について(国内防疫Ⅱ)
2-7 家畜保健衛生所の役割
2-8 家畜防疫員の責務


以上の事前講義は視聴必須です。


 


事前講義はここからチェック!
http://www.vetintern.jp/participant/video/


お問い合わせ先

静岡県東部家畜保健衛生所保健衛生班 田崎常義


055-978-3131


tounou-kaho[AT]pref.shizuoka.lg.jp


※メール送信の際は[AT]を半角文字の@に変えて下さい。