沖縄県【家畜衛生コース】輝く太陽と青い海に囲まれた沖縄で家畜衛生の仕事を体験しよう !

①8/2-8/6 ②8/9-8/13 ③8/16-8/20 ④8/23-8/27 ⑤8/30-9/3
⑥9/6-9/10 ⑦9/13-9/17 ⑧9/20-9/24 ⑨9/27-10/1

※希望の週を備考欄に記載
※場所によっては受け入れられない日程があるため実習実施機関と調整する

募集受付中

獣医学生へのメッセージMESSAGE

沖縄といえば、輝く太陽と青い海、サトウキビ畑を思い浮かべるかもしれませんが、意外に畜産業が盛んです。家畜衛生を支える獣医師は、沖縄県の経済の重要な部分を担っています。沖縄県には、本島・離島を合わせて4ヵ所の家畜保健衛生所と1ヵ所の家畜衛生試験場があります。本実習では、県内のこれらの機関において、獣医師職員といっしょに農場で家畜の衛生検査をしたり、病性鑑定で家畜の疾病診断等の体験ができます。亜熱帯の沖縄県で、ぜひ体験して下さい!

プログラム名
輝く太陽と青い海に囲まれた沖縄で家畜衛生の仕事を体験しよう !
対象学年
2~5年生まで
実施期間
①8/2-8/6 ②8/9-8/13 ③8/16-8/20 ④8/23-8/27 ⑤8/30-9/3
⑥9/6-9/10 ⑦9/13-9/17 ⑧9/20-9/24 ⑨9/27-10/1

※希望の週を備考欄に記載
※場所によっては受け入れられない日程があるため実習実施機関と調整する
募集人数
基本1人/週
英語能力
なし
必要履修科目
なし
実習実施場所

実習実施場所は選択できます



  • 中央家畜保健衛生所
    沖縄県南城市大里字平良2505

  • 宮古家畜保健衛生所
    沖縄県宮古島市平良西里1951

  • 八重山家畜保健衛生所
    沖縄県石垣市宮良1-2

  • 家畜衛生試験場
    沖縄県うるま市兼箇段3番地1


集合日時
実習開始日の9:00に、実習する家畜保健衛生所に集合してください
アクセス方法

基本的に公共機関でのアクセスが悪いためレンタカーをお勧めします。



  • 中央家畜保健衛生所:那覇バスターミナルから40番または109番のバスで、「仲程(なかほど)」下車徒歩5分

  • 宮古家畜保健衛生所:宮古空港からタクシーで10分(1,000円程度)

  • 八重山家畜保健衛生所:石垣新空港から4番または10番のバスで「ばすきなよお入口」下車徒歩3分

  • 家畜衛生試験場:那覇空港からおよそ40km(高速道路使用で約40分)、沖縄北インターから約2km(車で約5分)。または高速バス「沖縄北インター」下車、徒歩30分


宿泊施設

各自で手配してください。

服装

作業着等動きやすい服装(白衣や長靴は貸し出します)


持ち物
  • 筆記用具
提出書類
  • 履歴書(指定様式なし)
  • 誓約書(県指定様式)
  • 沖縄県で学びたいこと(A4縦1枚程度)
実習後のレポート
なし
その他必要な資格
なし
加入すべき傷害保険の種類
「学生教育研究災害傷害保険」(JEES)もしくは「学生総合共済(生命共済)」(大学生協)もしくはこれと同等のもの
加入すべき賠償責任保険の種類
学研災付帯賠償責任保険」(JEES)もしくは「学生賠償責任保険」(大学生協)もしくはこれらと同等のもの
プログラム概略
  • 家畜衛生・防疫に関する実務研修
  • 病性鑑定に関する実務研修
    (病性鑑定受入状況により内容は変更する可能性あり)
プログラム詳細
午 前 午 後
1日目家畜保健衛生所
  • オリエンテーション
  • 業務説明
  • 家畜衛生に関する帯同実習(農場立入:牛の飼養衛生管理基準調査等)
2日目家畜保健衛生所
  • 家畜衛生に関する帯同実習(農場立入:豚の飼養衛生管理基準調査等)
  • 精密検査実習(抗体検査等)
3日目家畜保健衛生所
  • BSE検査実習(材料採材)
  • BSE検査実習(エライザ検査)
4日目家畜保健衛生所
  • 病性鑑定に係る実習(ウイルス、細菌)
  • 病性鑑定に係る実習(原虫、寄生虫、病理)
5日目家畜保健衛生所
  • 家畜衛生に関する帯同実習(農場立入:鶏の飼養衛生管理基準調査等)
  • 総合討論(職員を交え意見交換)
  • 閉校式
注意事項
希望する家畜保健衛生所と、参加可能な日程を「備考欄」に明記してご応募ください。

◎家畜保健衛生所の選択肢の中から1つ選択:例 中央家畜保健衛生所 希望
◎参加可能な日程【可能なすべての日程を選択 ※複数可】:例 ①~⑤

※記載がない場合は、応募を取り消す場合があるので、ご注意ください。

★新型コロナウィルス感染症対策に関する情報は下記の通りです★

・人数 (受入人数 数名人 + 対応者数 5人程度)
・セッション構成時間 8:30~17:15
・昼食のとり方 会議室にて研修生のみ弁当
(※会議室は十分な広さあり 2m以上離れて昼食)

新型コロナウイルス感染拡大状況によって、直前でプログラムの実施を縮小/中止することがありえます。
また、本県入域前にPCR検査又は抗原検査による陰性判定を受けてください。
事前講義プログラム

0-1    VPcamp参加にあたって~実習を受ける際の心得~


2-1 最近の家畜衛生をめぐる情勢について(国内防疫Ⅰ)
2-2 最近の家畜衛生をめぐる情勢について(国内防疫Ⅱ)
2-7 家畜保健衛生所の役割
2-8 家畜防疫員の責務
10-3 アフリカ豚コレラ~養豚産業への世界的脅威~


以上の事前講義は視聴必須です。


事前講義はここからチェック!
http://www.vetintern.jp/participant/video/


応募する

※実習時期・内容が複数ある実習機関に応募する場合、
希望する時期・内容を「応募フォーム備考欄」に必ずご記載ください。

過去の実習プログラム