佐世保市体験!公衆衛生のお仕事 in SASEBO!

2023年3月13日(月)~3月17日(金)5日間

ただいま準備中です
1次募集は2022年12月1日(木)より開始

獣医学生へのメッセージMESSAGE

佐世保市は、風光明媚な港街です。平成28年4月1日に中核市として新たなスタートを切りました。人口25万人のコンパクトな街ですが、保健所・食肉衛生検査所を有し、また令和3年10月より動物愛護センターが稼働するなど、公衆衛生獣医師として働く環境がそろっています。実習の場で、公衆衛生のお仕事を体験してもらえれば嬉しいです。

  • ©ハウステンボス/J-17817

  • ©ハウステンボス/J-17817

  • ©ハウステンボス/J-17817

プログラム名
体験!公衆衛生のお仕事 in SASEBO!
対象学年
3年生以上
実施期間
2023年3月13日(月)~3月17日(金)5日間
募集人数
1名
英語能力
なし
必要履修科目
なし
実習実施場所

  • 佐世保市中央保健福祉センター(佐世保市保健所)
    佐世保市高砂町5番1号

  • 佐世保市動物愛護センター
    佐世保市大潟町392-2

  • 佐世保市食肉衛生検査所
    長崎県佐世保市干尽町3番地42


集合日時
令和5年3月13日(月)午前8:30 
中央保健福祉センター 1Fロビーに集合
アクセス方法

①中央保健福祉センター
佐世保駅前バス停から「矢峰」「大野」方面行のバスに乗車。「谷郷町」または「佐世保市役所前」バス停で下車後、徒歩4分。バス料金170円。


②動物愛護センター
佐世保駅前バス停から「大崎町」行のバスに乗車(約40分)。「佐世保霊園前」バス停で下車後、徒歩1分。バス料金550円。


③食肉衛生検査所
佐世保駅前バス停から「前畑」方面行のバスに乗車。「食肉センター前」バス停で下車後、徒歩1分。バス料金200円。


※②③はバスの本数が非常に少ないため、送迎等の対応を予定しています。


宿泊施設

佐世保駅・佐世保バスセンター周囲にビジネスホテルが複数あります。

各自で宿泊予約をしてください。

ご相談いただければこちらから予約対応も可能です。

服装

  • 私服(来庁者に失礼のない範囲で軽装OKです。)

  • 白衣・作業服・長靴等はこちらで用意します。

  • 常時マスクの着用をお願いします。


持ち物

着替え(Tシャツ等)をご用意ください。

実習先の資料

参加決定者の方には、資料を送信または郵送します。


提出書類

なし

実習後のレポート
なし
その他必要な資格
なし
加入すべき傷害保険の種類
「学生教育研究災害傷害保険」(JEES)もしくは「学生総合共済(生命共済)」(大学生協)もしくはこれらと同等のもの
加入すべき賠償責任保険の種類
「学研災付帯賠償責任保険」(JEES)もしくは「学生賠償責任保険」(大学生協)もしくはこれらと同等のもの
プログラム概略

【生活衛生課】 ※中央保健福祉センター内
「食品衛生」「環境衛生」の業務について各担当者から説明します。

【試験検査課】 ※中央保健福祉センター内
食品や環境等の検査を行う施設の見学を行います。

【動物愛護センター】
「動物の愛護と管理」「狂犬病予防」の業務について担当者から説明します。またセンター業務の実習を行います。

【食肉衛生検査所】
牛や豚が食肉になる工程の見学、及び病理・理化学・微生物など各種検査の実習を行います。民間の食鳥処理場の見学を予定しています。

プログラム詳細
午 前 午 後
1日目生活衛生課/試験検査課 ※共に中央保健福祉センター内
  • オリエンテーション
  • 実習(現地同行):食品関係施設の監視指導
  • 講義:食品衛生業務の説明
  • 講義:環境衛生業務の説明
  • 見学:試験検査施設の見学
2日目動物愛護センター

  • 講義:動物愛護業務・狂犬病予防業務の説明
  • 見学:動物愛護センター施設の見学
  • 実習:動物愛護センター業務の実習
3日目食肉衛生検査所
  • 講義:食肉衛生検査所業務の説明
  • 見学:牛の検査現場(内臓検査・枝肉検査)
  • 見学:豚の検査現場(生体検査)
  • 見学:豚の検査現場(内臓検査・枝肉検査)
  • 講義:HACCPと外部検証制度
  • 実習:衛生検査
4日目食肉衛生検査所
  • 見学:牛の検査現場(生体検査)
  • 実習:微生物検査
  • 実習:病理検査
  • 実習:衛生検査
  • 実習:残留有害物質検査
5日目食鳥処理場(民間施設)/食肉衛生検査所


  • 見学:食鳥検査(食鳥処理場)
  • 実習:残留有害物質検査
  • 実習:病理検査
  • 実習:理化学検査
  • 講義:業務の現状/課題/展望
注意事項
★新型コロナウィルス感染症対策に関する情報は下記の通りです★

・人数(受入人数+対応者数):2~3名(1名+1~2名)
・セッション構成時間:【午前】8:30~12:00 【午後】13:00~17:15
※5日目の食鳥処理場見学は7:30開始
・昼食のとり方:参加者控室(個室)で喫食していただきます。
持参または弁当店等への注文になります。

<新型コロナウイルス感染症対策>
・実習参加までにワクチン接種を受けることを推奨します。
・実習参加前にPCR検査を受けることを検討してください。
・体調不良の際は、実習参加を見合わせていただく場合があります。
・参加者の方の大学の所在地や居住地、及び実習開催地(長崎県・佐世保市)が、新型コロナウイルス感染症対策に係る「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」の対象地域となった場合などは、参加決定後でも実習受入を中止する場合があります。
・健康状態確認と検温を毎日行います。
・マスクの装着、手指等の消毒をお願いします。
<その他>
・アレルギー体質の方などは、事前にその旨お伝えください。
事前講義プログラム

0-1 VPcamp参加にあたって~実習を受ける際の心得~


以上の事前講義は視聴必須です。


事前講義はここからチェック!
http://www.vetintern.jp/participant/video/